メー【母】の手帳:バーベキューならアメリカンBBQタイプがおすすめ!

タイの生活

キャンプに行きました。

タイでは、12月、1月頃はキャンプシーズン。
この時期タイ人は、山を登って、寒さ体験をする!のだそう。
山の上から眺める雲海の景色は絶景です!

ちなみに雲海をタイ語では、〝タレー・モック″つまり〝霧(雲)の海″と言うんですよ。
タイとはいっても、10度くらいに気温が下がります。
雨もほとんど降らないし、みんなけっこうテント張って本格的にやってました。
テントで寝るのももちろん、
コテージに泊まった我が家も、なんせタイには暖房がないので、けっこう寒くって…
まさに寒さ体験!

バーベキューをするということで、一応日本の感覚で準備して持って行きました。
タイでは、バーベキューで使うコンロはアメリカンBBQタイプ が一般的。
蓋が付いていて、蒸し焼き風に、かたまり肉を焼きます。

ただ、網が、こんな風に、隙間が大きいのね…(汗)
あらら、お肉が落ちちゃうじゃん。
日本のバーベキューの感覚でお肉を用意しちゃったから、
これじゃ焼けません。
しかたなく、アルミホイルに載せて焼きました。


タイ人は、かたまり肉をガッツリと持って来ました。
豪快に焼いて、蓋をしてしっかり火を通して
焼けたら、ナイフでカットして。
なんか、これ楽じゃん?
かたまりのまま下味つけておいて、そのまま焼いて、カットして食べる。

日本のバーベキューは、忙しいです!
薄いお肉焼いて、「焼けたよー皆食べろーっ!」て。

またお肉を並べて、焦げないように気を付けて…
タレを付けながら食べる。あれも美味しいです♡
だけど、忙しいんだよね…焼く人は。

それも、網の目が細かくて
あぶらでベトベトになった網を翌日洗うのはけっこう面倒!
ついお金をだして、貸し出しコンロを使いたくなります……。
網、そのまま返す、みたいな感じで(汗)

この、蓋つきコンロ、良くないですか?
網を洗うのも、簡単、超ラクチンです。

お肉もかたまり肉のまま持っていけるし、
焼くのも簡単。
ちょっとおすすめです。
庭に保管できれば、の話ですね……。

蓋つきバーベキューコンロには、こんなのもあります!

コメント

wpChatIcon
タイトルとURLをコピーしました